10 Muffins and Quick Breads,  30 アメリカ南部料理

Cornbread Muffins コーンブレッドマフィン

シンプルなコーンブレッドの生地を、マフィン型に入れて焼いた、コーンブレッドマフィンです。コーンブレッドは、甘めに焼いて、シロップや蜂蜜をつけて食べるときもあるし、甘さを控えて、シチューなどとともに、食べることもあります。コーンブレッドの生地は、焼き上がりがパサパサとした感じなので、個人的にはバターをたっぷりと添えて、食べるのが好きです。コーンブレッドマフィンもコーンブレッドと同様に、甘い味付けにすることもできるし、セイボリーな味付けにすることもあります。個人や家庭の好みに合わせて、好きな味付けにして、楽しむのが、アメリカ式のベーキングの特徴だと思います。まマフィンは、四角い大きめの焼き型で焼いて、切り分けて食べる通常のコーンブレッドよりも、やや、甘めにやいて、軽食として食べやすいレシピにすることが多いようです。このレシピも、蜂蜜がが入っていて、やや甘めです。

生地の作り方は、コーンブレッドと全く同じです。まず、小麦粉、コーンミール、塩、ベーキングパウダー、重曹をボールに入れて、粉や重曹の塊がなくなるように、よく混ぜ合わせます。

別の器に、牛乳、ヨーグルト、卵、蜂蜜を入れて、混ぜ合わせます。

混ぜ合わせたカスタード液を、粉類を入れたボールに加えて、全体をさっくりと混ぜます。

さらに、溶かしバターを加えます。

グラシンカップなど、ベーキング用の紙をマフィン型に敷いておきます。アイスクリームスクーパーなどを使って、生地を均等にマフィン型に流し入れます。

摂氏200度に温めたオーブンで、15分から20分程度、軽く焦げ目がついて、生地に火が通るまで焼きます。

焼き上がったら、ラックの上で冷まします。

【 材料 10-12 個分
  • コーンミール(黄) 165 g

    Cornmeal: コーンブレッドの材料やフライの衣に使ったりする、とうもろこしを挽いて作った粉。グリッツよりは細かく、コーンフラワーよりは粗い。使うとうもろこしの種類によって、黄色や白色の物、粗挽きのStone-ground の物やさらに細かく挽いたものなどがある。

  • 薄力粉 195 g 又は 中力粉 180 g
  • 砂糖 大匙 2
  • 蜂蜜 大匙 3
  • ベーキングパウダー 小匙 1
  • 重曹 小匙 ½
  • 塩 小匙 ¼
  • 卵 2
  • プレーンヨーグルト 60 ml
  • 牛乳 180 ml
  • 溶かしバター 大匙 2
【 作り方 】
  1. オーブンを摂氏200度に温める。
  2. ボールに、小麦粉、コーンミール、砂糖、塩、ベーキングパウダー、重曹を入れて、よく混ぜ合わせる。
  3. 別の器に、卵を割りいれ、ヨーグルト、牛乳、蜂蜜を加えよく混ぜ合わせる。それを2. の粉類に流しいれて、生地を一つにまとめる。最後に溶かしバターを加え、さっと混ぜる。
  4. ベーキング用の紙を敷いたマフィン型に、生地を均等に流しいれる。温めておいたオーブンで、15-20分程度、軽く焦げ目がついて、生地火が通るまで焼く。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です