パイナップルココナッツマフィン
10 Muffins and Quick Breads

Pineapple Coconut Muffins パイナップルココナッツマフィン

缶詰のパイナップルとココナッツを加えたマフィンです。甘いパイナップルとココナッツの香りがよくあい、とてもトロピカルな雰囲気のマフィンになりました。アメリカのマフィンは黒砂糖とシナモンを使ったものが多いのですが、今回は白砂糖と使い、バターを加えて作っています。

パイナップルココナッツマフィン

マフィンは、シンプルにマフィン型に油を引いて焼いてもよいのですが、最近私は、一つ一つにベーキング用の紙を敷いて焼いています。

ベーキング用の紙は、まず15センチ四方にカットします。それをマフィン型と同じくらいのサイズのコップなどにかぶせて、折り目をつけながら、形を整えます。ベーキング用の紙は、シリコン加工などをして両面ともに使えるものと、つるつるとした面が片面しかなく、裏表があるものがあります。片面加工の紙を使う場合は、つるつるしている面が内側になるようにします。

パイナップルココナッツマフィン

アメリカの小麦粉は中力粉が一般的なので、マフィンも中力粉を使ったレシピが多いです。しかし、薄力粉でも、少し分量を多めにすれば、全く問題なく使えます。薄力粉の方が、軽い仕上がりになります。中力粉の方が、アメリカのマフィンに近い仕上がりにはなりますが、このあたりは好みの問題だと思います。

マフィンの生地は、最初にまず小麦粉、ベーキングパウダー、重曹、塩、砂糖などの粉類を大きめのボールに入れて、よく泡立て器でかきまぜます。この時に、重曹や砂糖の塊を、つぶすようにします。さらに丁寧に作りたい場合は、粉類だけを軽く篩っておくといいです。その後、ココナッツフレーク、缶詰の水気を切って、細かめの角切りにしたパイナップルを加えて混ぜます。

パイナップルココナッツマフィン
パイナップルココナッツマフィン
パイナップルココナッツマフィン

続いて、卵、牛乳、プレーンヨーグルトを別のボールに入れて、軽くかき混ぜます。アメリカではヨーグルトではなくて、バターミルクをよく使いますが、プレーンヨーグルトと牛乳を使っても、出来上がりは実質的に変わりません。ヨーグルトやバターミルクを加えることによって、重曹の働きがよくなります。

パイナップルココナッツマフィン
パイナップルココナッツマフィン

混ぜ合わせた卵液を、粉類を入れたボールに加えて混ぜます。

パイナップルココナッツマフィン

さらに溶かしバターを加えます。あまり混ぜすぎると、生地が固くなるので、軽く全体をまとめるようにします。

パイナップルココナッツマフィン

用意したベーキングペーパーの中央に、アイスクリームスクープなどをつかって生地をのせます。

パイナップルココナッツマフィン

マフィン型にセットします。中央をスプーンなどで押しつぶしながら、生地を満遍なく型に入れるようにします。マフィン型全てに入れる必要はありませんが、一つ一つのマフィンの大きさが一定になるようにします。空のマフィン型には水を入れてからオーブンに入れると、マフィン型を空焼きすることを防ぐことができます。摂氏180度に温めたオーブンで、25分程度、中まで火が通るまで焼けば出来上がりです。

パイナップルココナッツマフィン
【 材料 9 -12 個分
  • 薄力粉 295 g 又は 中力粉 270 g
  • 砂糖 大匙 3
  • ベーキングパウダー 小匙 1
  • 重曹 小匙 ½
  • 塩 少々 
  • ココナッツ フレーク 90 g
  • パイナップル缶詰 225 g
  • 卵 1
  • プレーンヨーグルト 60 ml
  • 牛乳 160 ml
  • 溶かしバター 大匙 4
【 作り方 】
  1. オーブンを摂氏180度に温める。
  2. 小麦粉、ベーキングパウダー、重曹、砂糖、塩をよく混ぜる。
  3. パイナップルは粗い微塵切りにして、ココナッツとともに、2.の粉類に混ぜ合わせる。
  4. 3.に割りほぐした卵、牛乳と混ぜ合わせたヨーグルト、溶かしバターを混ぜ合わせる。
  5. ベーキングペーパーを敷くかもしくは、油(分量外)をぬったマフィン型に、4.の生地を満遍なく入れて、軽く焦げ目が付くまで、20分~25分焼く。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありあがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です