03 前菜とおつまみ,  30 アメリカ料理

Cranberry Onion Dip クランベリーオニオンディップ

乾燥のクランベリーと飴色に炒めた玉ねぎ、ベーコンを加えて作る、クリームチーズがベースのディップです。クラッカーや、薄切りにしたパン、野菜スティックなどとともにいただきます。飴色の玉ねぎとクリームチーズやサワークリームを使ったディップは、とてもポピュラーな組み合わせです。ポテトチップに組み合わせることも多いです。今回のディップは、さらにクランベリーを加えて甘みをプラス、ナッツとベーコンも入れて、クリスピーな歯ざわりも楽しめます。

ディップのベースとなるクリームチーズは、室温で軟らかくしておくと、作業が楽です。ベーコンは角切り細切りにします。玉ねぎは薄切りにして、火を通しやすくします。

今回は、かぼちゃの種を少量加えました。ナッツはフライパンで軽く乾煎りしておくと、風味がまします。

乾燥のクランベリーは。ぬるま湯に浸してから、水気を切っておきます。

フライパンにベーコンを入れて、中火にかけます。軽く焦げ目がつくまで炒めたら、フライパンから取り出して、脂を切っておきます。

ベーコンの脂を使って、玉ねぎを炒めます。

飴色になったら、OKです。

クリームチーズとギリシアヨーグルトをボールに入れて、クリーム状にします。

ベーコン、玉ねぎ、かぼちゃの種、クランベリーを加えます。

微塵切りにしたパセリを加えます。

全体を混ぜ合わせ、塩、黒胡椒、レモン汁で味を調えます。

器にもって、薄切りにしたパン、クラッカー、野菜のスティックなど、好みの素材を添えます。

【 材料 4 人前
  • クリームチーズ 80 g
  • ギリシアヨーグルト 80 ml
  • ベーコン 30 g
  • 玉ねぎ(中) 1/3
  • クランベリー(乾燥) 40 g

    Cranberries: 小さなサクランボーのような外見をした、酸味の強い果実。そのままマフィンやクイックブレッドに混ぜて使用されたり、生の果実を煮詰めてソースを作り、感謝祭の七面鳥の付け合せに添えられる。

  • かぼちゃの種 大匙 1 ½
  • パセリ又は青ネギ(微塵切り) 大匙 2
  • 塩 適宜 
  • 黒胡椒 適宜 
  • レモン汁 大匙 ½
【 作り方 】
  1. ベーコンは角切りにする。玉ねぎは薄切りにする。クランベリーは、ぬるま湯に浸してふやかしてから、水気をよくきっておく。かぼちゃの種は、フライパンで軽く乾煎りしておく。
  2. フライパンで、ベーコンを軽く焦げ目がつくまで炒める。かりかりになったら、フライパンからベーコンを取り出し、余分な脂をきっておく。
  3. 2. のフライパンで、玉ねぎが飴色になるまで炒める。
  4. クリームチーズとヨーグルトをボールに入れて、クリーム状になるまで、よくかき混ぜる。
  5. 4.のボールに、玉ねぎ、ベーコン、クランベリー、かぼちゃの種、刻んだハーブを入れてかき混ぜる。最後に、塩、黒胡椒、レモン汁で味を調える。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です