12 マフィンとクイックブレッド,  50 イギリス・アイルランド料理

Irish Soda Bread アイリッシュソーダブレッド

アイリッシュソーダブレッド (Irish soda bread) は、重曹を使って、ふっくらと焼き上げる、イギリスのアイルランド地方やスコットランド地方の、伝統的なパンです。作り方もスコーンで似ているし、出来上がりの見た目や、味わいも、大きなスコーンと言う感じです。スコーンよりも無骨で素朴な感じがしますが、大きな見た目には、豪華な雰囲気も感じられます。ベーカリーで売っている職人さんが作るパンとは異なり、家庭で手作りされる、素朴なパン、お菓子と言う感じで、親しみやすいと思います。出来上がった、アイリッシュブレッドは、好みの厚さにスライスして、バターをたっぷりと塗って頂きます。

ソーダブレッド (soda bread) は、イースト菌を使わないで作る、クイックブレッド (quick bread) の一種です。もともと、この地域の小麦粉のグルテン量が少なく、イースト菌を使って作る、パン作りには向かなかっため、このような多様な形のクイックブレッドが、好んで作られました。重曹の働きをよくするため、ヨーグルトやスタウト (stout) と呼ばれる黒ビールなどを加えて焼き上げます。アメリカでは、専らバターミルクが使われます。レーズンやレーズンよりもさらに小粒な葡萄である、カレンズを入れることが多いですが、その他に、オートミールやキャラウェイシードを入れることもあり、それぞれの家庭や地域によって、作り方には様々なバラエティーがあります。

小麦粉は中力粉か薄力粉を使います。少量の全粒粉を加えると、より田舎風の仕上がりになります。小麦粉、全粒粉、砂糖、重曹、ベーキングパウダー、塩をボールに入れて、泡立て器で、小麦粉や砂糖の塊が無くなるように、軽くかき混ぜます。

小さめに切った、無塩バターを入れて、粉類に練り合わせるようにして、混ぜていきます。

バターの塊がなくなったら、OKです。

ドライフルーツは、ぬるま湯に浸して、少し軟らかくしておきます。

笊にあけて、水気を切ります。

ボールに入れて、軽く混ぜ合わせます。

牛乳、卵、ヨーグルトを別の器に入れて、軽く混ぜ合わせます。

混ぜ合わせたカスタード液を、ボールに加えます。

出来るだけ捏ねないようにして、さっくりと混ぜ合わせます。

生地は、スコーンを焼くときと比べると、少し軟らかめです。

打ち粉 (分量外) を敷いた調理台の上に生地をのせて、軽く丸く調えます。

ベーキング用の紙を敷いた鉄板の上にのせて、中央に十字状の切り込みを入れます。

摂氏200度に温めたオーブンで、35分から40分程度焼きます。

焼き上がったら、ラックの上で冷まします。

Irish Soda Bread アイリッシュソーダブレッド
準備時間 : 25分
加熱時間 :摂氏 200度のオーブンで 35分
難易度★★☆
【 材料 1個 】
薄力粉 ———————————- 350 g
—- 又は 中力粉 ———————— 320 g
全粒粉 ———————————- 40 g
三温糖 ———————————- 大匙 2
ベーキングパウダー ———— 小匙 2
重曹 ————————————– 小匙 ½
—————————————- 小匙 ¼
無塩バター ————————— 大匙 4
干し葡萄 又は カレンズ ——- 100 g
牛乳 ————————————– 120 ml
プレーンヨーグルト ———— 120 ml
—————————————- 1 個
【 作り方 】
ドライフルーツは、ぬるま湯に浸して戻しておく。
小麦粉、全粒粉、ベーキングパウダー、重曹、砂糖をよくまぜあわせる。
の粉類と細かく刻んだバターを、生地がしっとりした感じになるまでよく混ぜ合わせる。
水気をきったドライフルーツを混ぜる。
オーブンを摂氏200度に温める。
別の器に、牛乳、ヨーグルト、卵を入れて、かき混ぜる。 に、混ぜ合わせたカスタード液を加え、生地を一つにまとめる。
軽く打ち粉 (分量外) を使いながら、生地を円形に整える。バーキング用の紙を敷いた鉄板にのせて、包丁で十字に切り込みを入れる。
温めたオーブンで、35分~40分焼く。焼き上がったら、ラックの上で冷ます。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。