17 コブラとプディング

Mango Flan マンゴーフラン

生地にマンゴーのピューレを加えて、低温で焼き上げたマンゴーフランです。日本でも馴染み深い、「カスタードプリン」のことを、スペイン語やフランス語では、フラン (Flan) と呼びます。ヨーロッパのフランも、日本のカスタードプリンと同様に、卵と牛乳でつくる、シンプルなお菓子で、キャラメルソースをトッピングします。円形のケーキ型など、大きな容器で作るのが一般的で、とても豪華に見えます。マンゴーは、このように生地に加えて火を通すと、少しキャラメルのような風味が加わって、かぼちゃのような食感になります。

まず、キャラメルソースを作ります。砂糖と少量の水を鍋に入れて、軽くかきまぜてから、中火にかけます。火をつけたら、かきまぜないで、軽く鍋をゆすりながら、火を通していきます。

沸騰してきたら、焦げすぎないように注意して見守りながら、飴色になったら、火をとめます。

キャラメルソースは、予熱でどんどん火が通ってしまうので、出来上がったら、素早く、ケーキ型に流し入れます。キャラメルは熱いので、火傷をしないように注意してください。キャラメルが固まらないうちに、ケーキ型を回しながら、満遍なくソースがいきわたるようにします。底面だけでなく、側面にもいきわたるようにすると、後で、プリンが取り出しやすくなります。

マンゴーのピューレを作ります。予め、ピューレ状になっている、冷凍のマンゴーパルプや、缶詰を使ってもOKです。冷凍のマンゴーは、解凍させてから、ミキサーに入れて、ピューレ状になるまで、攪拌します。

ボールに、プリンの材料を入れて混ぜ合わせます。卵、生クリーム、マンゴーのピューレ、加糖のコンデンスミルク (練乳) を加えます。

泡立て器で、混ぜ合わせます。

キャラメルソースをひいたケーキ型に、笊でこしながら、カスタード液を流し入れます。

ケーキ型より、一回り大きな器に入れて、周囲に熱湯を注ぎます。摂氏160度に温めたオーブンで、カスタードが固まるまで、一時間程度焼きます。

焼き上がったら、粗熱をとってから、冷蔵庫で冷やします。盛り付ける時は、もう一度、器に入れてもどして、周囲に熱湯をはって、キャラメルソースを一度溶かすようにすると、取り出しやすいです。

平なお皿やケーキスタンドなどをかぶせて、ひっくりかえすようにして、もりつけます。

好みでフレッシュなマンゴーを添えます。

Mango Flan マンゴーフラン
準備時間 : 10分
加熱時間 :摂氏 160度のオーブンで 60分
冷却時間 :6時間
難易度★★☆
【 材料 7-inch (18 cm) ケーキ型 】

キャラメルソース
砂糖 ————————————– 130 g
—————————————- 60 ml

プリン
マンゴー (冷凍) —————– 500 g
コンデンスミルク (加糖) —– 120 g
生クリーム ————————— 160 ml
—————————————- 4 個
【 作り方 】
キャラメルソースを作る。砂糖と水を鍋に入れて、中火にかける。鍋をゆすりながら、砂糖を溶かす。沸騰したら、火を弱めて、アメ色になるまで煮詰める。
キャラメルソースをケーキ型に入れて、ケーキ型を傾けながら、表面を平にする。
オーブンを摂氏160度に温める。
マンゴーは解凍させてから、ミキサーにかけて、ピューレ状にする。
ボールに、卵と生クリーム、コンデンスミルク、マンゴーのピューレを入れて、良くかき混ぜる。
カスタード液を笊でこしながら、 のケーキ型に流し入れる。ロースターパンにケーキ型をおいて、ケーキ型の周囲に熱湯をそそぐ。
温めたオーブンで、カスタード液が固まるまで、60分程度焼く。
焼き上がったら、粗熱がとれるまで、ラックの上で冷ます。その後冷蔵庫でよく冷やす。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。