02 朝食とブランチ,  31 テックスメックス

Mexican Egg Benedict メキシカンエッグベネディクト

オーランデーズソースに、メキシコ風のスパイスを加え、サルサや香菜をトッピングして作る、メキシカンエッグベネディクトです。エッグベネディクトは、イングリッシュマフィンにポーチドエッグをのせて、オーランデーズソースをかけた、ブレックファストメニューです。オーランデーズソース (Hollandaise sauce)は、溶かしバターと卵黄を乳化させて作る、濃厚なマヨネーズのようなソースですが、スパイスを加えると、簡単なアレンジが楽しめます。伝統的なエッグベネディクトでは、カナディアンベーコンを使われるので、メキシコ風のエッグベネディクトでは、スパイシーなチョリソーソーセージを添えることが多いです。今回は、アボカドをスライスして添えています。アボカドは、ワカモレのように、マッシュしてイングリッシュマフィンにのせてもいいと思います。夕食で使った、メキシコ風の食材を、臨機応変に使って、翌日の朝ごはんとして、リメイクするのも楽しいです。

最初にオーランデーズソースを作ります。オーランデーズソースの作り方には、卵黄を湯煎にかけながら、溶かしバターを加えて乳化させる方法と、ブレンダーを使って作る方法があります。今回はブレンダーを使っています。

まずは、バターを電子レンジで温めて、溶かします。バターがあまりにも熱いと、卵黄が固まってしまうので、少し冷まして、粗熱をとっておきます。

卵を室温に戻してから、作業を行います。通常はレモンの果汁を使いますが、今回はメキシコ風に、ライムの果汁を使って作ります。小型のブレンダーに、卵黄とライムの果汁、塩、カイエンヌペッパー、黒胡椒、ガーリックパウダーを入れて、軽く攪拌します。市販のタコス用のミックススパイスを使ってもいいです。

溶かしバターの半量を少しずつ加えながら、攪拌します。白っぽくなり、とろみがついたら出来上がりです。

ポーチドエッグを作ります。ポーチドエッグの作り方は、こちらの投稿を参考にしてください。ポイントは、お湯を沸騰させないで、ゆっくりと卵に火を通すことです。

ざるにあけて、水気をきっておきます

イングリッシュマフィンは、半分にスライスして、軽くトーストします。オーブントースターを使ってもいいし、フライパンで焼いてもいいです。

薄くスライスしたアボカドを、トーストしたマフィンにのせます。

ポーチドエッグをのせます。

オーランデーズソースをかけて、好みで、サルサやピカデガロ、ホットソースや、香菜の葉などを添えます。

Mexican Egg Benedict メキシカンエッグベネディクト
準備時間 : 15分
加熱時間 :ガスコンロの上で5-10分
難易度★★☆
【 材料 2 人前 】
メキシカンオーランデーズソース 120 ml
—————————————- 4個
りんご酢 —————————— 大匙 2
アボカド —————————— ½ 個
サルサ ☆☆ 又は ピコデガロ☆☆☆ 適宜
香菜の微塵切り ——————- 適宜
【 作り方 】
ポーチドエッグを作る、鍋に水を入れてお酢を加える。沸騰したら卵を一つずつ割りいれる。数分茹でたら鍋から取り出しておく。
アボカドは種をとって、皮をむき、薄切りにする。
イングリッシュマフィンを半分に割ってから、オーブントースターで軽く焼く。アボカド、ポーチドエッグをのせて、オーランデーズソースをかける。好みで香菜の微塵切りや好みのサルサなどをトッピングする。
Mexican Hollandaise Sauce メキシカンオーランデーズソース
準備時間 : 15分
調理時間 :ガスコンロの上で5-10分
難易度★★☆
【 材料 120 ml 】
ライムの果汁 ———————— 大匙 2
卵黄 ————————————– 2 個
溶かしバター ———————— 大匙 4
カイエンヌペッパー ———— 小匙 ½
黒胡椒 ———————————- 小匙 ½
ガーリックパウダー ———— 小匙 ½
—————————————- 適宜
【 作り方 】

— 湯煎にかける場合 —
鍋にライムの果汁と卵黄、カイエンヌペッパー、ガーリックパウダー、黒胡椒をいれて、湯煎にかけ、泡立て器で混ぜ合わせる。
溶かしバターを少しずつ加えながら、さらに混ぜ続ける。とろみがでたら、火からおろして、余熱で火が通りすぎないように注意しながら、バターと乳化させるようにする。

— ブレンダーを使う場合 —
卵黄は室温にもどしておく。ブレンダーに卵黄とライム汁、カイエンヌペッパー、ガーリックパウダー、黒胡椒を加えて、数秒間攪拌する。
溶かしバターを少しずつ加えながら、さらに、とろみができるまで、攪拌して乳化させる。
☆☆ Salsa サルサ
準備時間 : 10分
冷却時間 :2-3時間
難易度★☆☆
【 材料 700 ml 】
トマト (中) ————————– 5 個
ニンニク —————————— 2 片
ライムの果汁 ———————— 大匙 2
玉ねぎ (小) ————————– ¼ 個
ハラペーノ (青唐辛子) ——– 1 本
香菜 ————————————– 3 枝
クミン (粉) ————————– 小匙 ½
—————————————- 適宜
カイエンヌペッパー ———— 適宜
【 作り方 】
トマトは蔕と種をとって、くし型に切る。玉ねぎもフードプロセッサーにかけやすいように、適当な大きさに切る。
ニンニクと玉ねぎは細かいみじん切りにする。青唐辛子は半分に切って、種をとっておく。
フードプロセッサーにトマトの半量を入れて、ピューレ状に粉砕する。
残りの材料をフードプロセッサーに入れて、微塵切りになるまで、粉砕する。
塩、ライムの果汁、カイエンヌペッパーで味を調える。冷蔵庫でよく冷やす。
☆☆☆ Pico de Gallo ピコデガロ
準備時間 : 10分
冷却時間 :2-3時間
難易度★☆☆
【 材料 500 ml 】
トマト (中) ————————– 4個
ニンニク —————————— 2 片
ライムの果汁 ———————— 大匙 2
赤玉ねぎ —————————— 1/4個
ハラペーノ (青唐辛子) ——– 1本
香菜 ————————————– 3 枝
クミン (粉) ————————– 小匙 1/2
オレガノ —————————— 小匙 1/2
—————————————- 適宜
【 作り方 】
トマトは蔕と種をとって、粗目の微塵切りにする。赤玉ねぎ、香菜、ニンニクも微塵切りにする。青唐辛子は種をとって微塵切りにする。
すべての材料をボールに入れて、かき混ぜる。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。