17 コブラとプディング

Mexican Flan メキシカンフラン

フラン (Flan) とは、日本でも馴染みが深い「カスタードプリン」のことです。卵と牛乳のカスタード生地を低温で焼いて、砂糖を焦がし手作る、キャラメルソースをかけます。フラン (Flan) は、フランスやスペインなど、ラテン語圏でとてもポピュラーなデザートで、日本のカスタードプリンとは異なり、大きなケーキ型で焼くのが主流です。フランは、国や地域によって、微妙な違いがあるのですが、アメリカのフランは、クリームチーズを加えて焼くので、生地が硬くてコクがあるのが特徴です。一方、アメリカでメキシカンフランと呼ばれているフランは、クリームチーズの代わりに、エバミルクやコンデンスミルクなど、缶詰に入っている加工乳を多く使います。ミルクの風味が強く、とてもクリーミーなフランです。

最初のキャラメルソースを作ります。砂糖と少量の水を鍋に入れて、砂糖の塊をつぶすようにして、少しかきまぜます。

鍋を中火にかけて、適度に揺らしながら、砂糖をとかしていきます。

キャラメルソースの色が変わってきたら、少し火を弱めます。時々鍋をゆらしながら、飴色になるまで煮ます。

飴色になったら、火を止めます。色が薄いうちに火を止めて、予熱で適度な色合いになるまで火を通すのがポイントです。

キャラメルソースが熱いうちに、ケーキ型に入れて、ケーキ型を傾けながら、キャラメルソースが満遍なく広まるようにします。キャラメルソースが熱いので、火傷をしないように注意します。

カスタードを作ります。エバミルクとコンデンスミルク、生クリーム、バニラエクストラクトをボールに入れて、よく混ぜ合わせます。

用意しておいた、ケーキ型にカスタード液を流します。口当たりをさらになめらかにしたい場合は、生地を笊でこしてから焼き型に入れると、口当たりがなめらかな出来上がりになります。

ケーキ型はアルミホイルで蓋をしてから、ロースターパンなど、一回り大きな容器の上にのせて、周囲に熱湯をはります。

摂氏150度に温めたオーブンで、カスタード液が固まるまで、40分程度焼きます。焼き上がったフランは、粗熱をとってから、冷蔵庫の中でよく冷やしておきます。

切り分ける時は、キャラメルソースが固まっているので、熱湯に少しだけケーキ型をつけて、ソースを溶かしておきます。さらに、側面の生地が、焼き型にくっついているので、ケーキ型の側面に、ナイフを刺して、生地が外れやすいようにしておきます。平たいお皿をかぶせてから、ひっくり返すようにして、盛り付けます。

Mexican Flan メキシカンフラン
準備時間 : 10分
加熱時間 :摂氏 150度のオーブンで 45分
冷却時間 :6時間
難易度★★☆
【 材料 7-inch (18 cm) ケーキ型 】

キャラメルソース
砂糖 ————————————– 120 g
—————————————- 大匙 2

プリン
エバミルク(無糖) —————- 400 g
コンデンスミルク (加糖) —– 100 g
生クリーム ————————— 120 ml
—————————————- 5個
バニラエクストラクト ——– 小匙 1
【 作り方 】
キャラメルソースを作る。砂糖と水を鍋に入れて、中火にかける。鍋をゆすりながら、砂糖を溶かす。沸騰したら、火を弱めて、アメ色になるまで煮詰める。
キャラメルソースをケーキ型に入れて、ケーキ型を傾けながら、表面を平にする。
オーブンを摂氏150度に温める。
ボールに、エバミルク、コンデンスミルク、生クリーム、バニラエクストラクトを入れて、よくかき混ぜる。
カスタード液を笊でこしながら、 のケーキ型に流し入れる。ケーキ型にアルミホイルをかぶせて、ロースターパンにおいて、ケーキ型の周囲に熱湯をそそぐ。
温めたオーブンで、カスタード液が固まるまで、40分程度焼く。
焼き上がったら、粗熱がとれるまで、ラックの上で冷ます。その後冷蔵庫でよく冷やす。
ケーキ型の底面を熱湯に浸して、固まったキャラメルソースを溶かす。ケーキ型の側面にナイフを入れてから、平たいお皿をかぶせるようにして、ケーキ型からプリンを出す。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。