ミネストローネ
06 スープとシチューとガンボ,  53 イタリア料理

Minestrone ミネストローネ

ミネストローネはトマトをベースにして作るイタリアの野菜スープです。基本的には、動物性の素材、ベーコンなどは使わず、ブロスを使う場合はベジタブルブロスを使います。最後にパルメジャーノなど摩り下ろしたチーズを加えて味を調えます。アメリカのレシピは、トマト缶やトマトペーストを使った、トマトが多めの濃いスープが多いような気がします。小さめのショートパスタが入っていることが多いですが、お米を入れたり、ファッロなど小麦を入れることもあります。レシピ通りに毎回決まった材料で作るというよりかは、どちらかというと、冷蔵庫やパントリーにあるものを臨機応変に使うという感じの、カジュアルなスープです。

まず野菜は、玉ねぎ、人参、セロリなど、ソフリートの材料になるような、炒めてから使うものを角切りにします。今回は黄色いパプリカも使っています。ピーマンや、ズッキーニ、茄子などがある場合も、角切りにして炒めます。

ミネストローネ

オリーブオイルと、ニンニク、野菜を加えて炒めます。

しんなりしたら、ベジタブルブロス、トマトの水煮缶、ハーブ、塩、黒胡椒を加えて、蓋をして20分程度煮ます。

最後にショートパスタ、豆の水煮缶を加えます。ショートパスタは小さめのものが、火が通りやすし、食べやすいと思います。豆の水煮缶は、今回はレッドキドニーを使いましたが、白いんげんやひよこ豆などでもいいです。ブロッコリーなどは、冷凍の野菜を使う場合は、このタイミングで入れます。他に、ほうれん草やケール、じゃがいもや南瓜などを入れてもいいです。

ミネストローネ

 野菜とパスタに火が通ったら、パルメジャーノチーズを摩り下ろして加え、塩と胡椒で味を調えて出来上がりです。

【 材料 4-6 人前
  • 玉ねぎ(中) 1
  • セロリ(中) 1
  • 人参(中) 1
  • パプリカ(中) 1
  • オリーブ オイル 大匙 3
  • ベジタブルブロス 又は 水 950 ml
  • トマト水煮缶(角切り) 435 g
  • 冷凍のブロッコリー、アスパラガス、 グリーンピースなど 85 g
  • レッドキドニー(缶詰) 435 g

    Red Kidney: 日本で売られている金時豆と同じ品種の豆。最近はレッドキドニーの名前で缶詰などが広く日本で市販されている。

  • ショートパスタ 85 g
  • タイム(乾燥) 小匙 1
  • オレガノ 1 小匙
  • ローリエ 1
  • 塩 小匙 ½
  • 黒胡椒 小匙 ½
  • パルメジャーノチーズ(粉)  適宜

    Parmigiano Reggiano: ハードタイプのイタリアのチーズ。摩り下ろしてパスタに添えるたり、用途は幅広い。

【 作り方 】
  1. 玉ねぎ、セロリ、人参、パプリカは粗めの角切り、ニンニクは細かいみじん切りにする。
  2. 鍋にオリーブオイルを入れて中火にかけて、1. の野菜をしんなりするまで炒める。
  3. ベジタブルブロス(または水)とトマトの水煮缶を入れる。タイム、オレガノ、ローリエ、塩、黒胡椒を加えて、蓋をして20分程度弱火で煮る。
  4. 豆の缶詰の水気を切って、鍋に加える。さらにショートパスタ、ブロッコリーなど野菜を加えて、パスタに火が通るまで煮る。
  5. 仕上げに、摩り下ろしたパルメジャーノチーズを加え、塩と胡椒で味を整える。
Vegetable Broth ベジタブルブロス
  • 玉ねぎ(中) 2
  • 人参(中) 2
  • 葉付セロリ 1
  • 長ネギ 1
  • きのこ(マッシュルーム、椎茸など) 115 g
  • パセリ 2
  • ローリエ 2
  • ニンニク 3
  • タイム 2
  • 黒胡椒 小匙 ½
  • 干しシイタケ 7 g
  • トマトペースト 大匙 1
【 作り方 】
  1. 干しシイタケは300ml程度の水につけて戻しておく。
  2. 玉ねぎ、にんじん、セロリの茎、青ネギ、椎茸は、5ミリ程度の薄切りにしておく。ニンニクはスライスしておく。パセリ、セロリの 葉の部分は適当な大きさにちぎっておく。
  3. 全ての野菜とハーブを鍋にいれる。干しシイタケは、戻し汁とともに加える。材料が十分にかぶるくらいの水を入れる。蓋をしばらく強火にかける。沸騰したら火を弱め、あくを取りながら、弱火で1~2時間程度煮る。
  4. ざるにあけてスープをこす。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。