03 前菜とおつまみ,  31 テックスメックス

Nachos ナチョス

ナチョス (Nachos) はトルティーヤチップに、チーズをトッピングして焼いた、テックスメックスのスナックです。ナチョスは、テキサスに面した、メキシコの国境沿いの街、ピエドラスネグラス市のレストラン、ビクトリークラブ (Victory Club) で作られた、トルティーヤチップに溶けたチーズとハラペーニョのピクルスをトッピングした料理が、発祥とされています。大勢の人が集まる、スポーツイベントなどに、よく出されるポピュラーなおつまみです。

トッピングには、チーズの他に、リフライドビーンサルサワカモレやサワークリームなど、様々の食材やソースを添えて、オリジナルなサルサを気軽に楽しむことができます。今回作ったのは、リフライドビーンのディップにメキシコ風のスパイスを加えて炒めた牛ひき肉を加え、ピコデガロを添えています。仕上げにアボカドとブラックオリーブ、香菜を添えています。トッピングは、コーンや、ブラックビーン、種をとった青唐辛子のスライス、くし型に切ったライムなど、好みのものや手元にあるものを加えて、工夫するといいと思います。ナチョスは、時間がたつと、トルティーヤチップが湿気を含んで、パリパリとした食感がなくなってしまいます。食べる量だけをその都度アレンジして、食卓に出すのが美味しく食べる秘訣です。

最初に牛ひき肉を炒めます。オリーブオイルをフライパンにひいて、中火にかけます。フライパンが温まったら、牛ひき肉を加えて、ほぐしながら、炒めていきます。

色が変わったら、塩とスパイスを加えます。スパイスは、黒胡椒、ガーリックパウダー、オレガノ、クミンを使っていますが、市販のタコス用のミックススパイスを使ってもいいでしょう。

続いてリフライドビーンを加えます。リフライドビーンは、ひよこ豆をペースト状にしたディップです。

全体をかき混ぜて、火を止めます。

底が浅い耐熱容器や、シートパンなどを使って、トルティーヤチップとチーズを温めます。トルティーヤチップを満遍なく並べて、チーズの半量をトッピングします。

オーブントースターで軽く焼いて、チーズを溶かします。

炒めたひき肉とリフライドビーンズをのせます。

残りのチーズをトッピングして、再度オーブントースターで焼きます。

仕上げに好みのサルサやワカモレをのせます。

さらに香菜、ブラックオリーブ、アボカドなどをトッピングして、出来上がりです。

Nachos ナチョス
準備時間 : 10分
加熱時間 :ガスコンロの上で10-15分 + 摂氏 180度のオーブンで 5-10分
難易度★☆☆
【 材料 4 人前 】
トルティーヤチップス ——– 160 g
チーズ (細かくしたもの) —– 125 g
牛ひき肉 —————————— 300 g
オリーブオイル ——————- 大匙 2
—————————————- 小匙 ½
黒胡椒 ———————————- 小匙 ½
ガーリックパウダー ———— 小匙 ½
パプリカ —————————— 小匙 1
オレガノ —————————— 小匙 ½
クミン (粉) ————————– 小匙 ½
リフライドビーン ———— 300 g
サルサ ☆☆ ————————– 180 ml
—- 又は ピコデガロ☆☆☆ —————- 180 ml
香菜の微塵切り ——————- 適宜
【 作り方 】
フライパンにオリーブオイルをひいて、中火にかける。牛ひき肉を入れて、ほぐしならが火を通す。塩、スパイスを加えて、よく炒める。
リフライドビーンを入れて、ひき肉とよく混ぜ合わせる。
トルティーヤチップを底の浅い耐熱容器にならべて、チーズの半量をトッピングする。
中温のオーブントースターに を入れて、チーズがとろけるまで、5分程度焼く。
の上に のリフライドビーンとひき肉をのせて、表面をならす。さらに残りのチーズをトッピングする。
再度、中温のオーブントースターに入れて、チーズがとろけるまで、5分程度焼く。
好みで、サルサやピコデガロ、刻んだ香菜などをトッピングする。
Refried Beans リフライドビーン
準備時間 : 10分
加熱時間 :ガスコンロの上で1時間半-2時間
難易度★★☆
【 材料 4-6 人前 】

ピントービーン
ピントービーンズ(乾燥) ——- 190 g
玉ねぎ (中) ————————– 1/2個
ニンニク —————————— 1片
ローリエ —————————— 1枚

リフライドビーン
玉ねぎ (中) ————————– 1個
ニンニクの微塵切り ———— 小匙 1
—————————————- 小匙 ½
クミン (粉) ————————– 小匙 1
オレガノ —————————— 小匙 1
オリーブオイル ——————- 大匙 2
香菜 ————————————– 1枝
ライム ———————————- ¼ 個
チーズ (細かくしたもの) —– 大匙 2
【 作り方 】
豆をよく洗って、3倍くらいの水に6時間以上つける。
豆の水気を切って、鍋に入れる。くし型にきった玉ねぎ、ニンニク、ローリエを加えて、3倍ぐらいの水を注ぐ。豆が十分に軟らかくなるまで、中火で煮込む。
玉ねぎ、ニンニク、ローリエは取り除いて、調理した豆をざるにあけて、水気を切る。豆の煮汁は300ml程度をとっておく。
リフライドビーンを作る。玉ねぎとニンニクはそれぞれ、微塵切りにする。
フライパンにオリーブオイルを入れて中火にかける。玉ねぎを入れて、しんなりとするまで炒める。続いてニンニクを加える。
調理した豆を加えて炒める。さらに、豆の煮汁を少しずつ加える。塩とクミン、オレガノを加えて、全体をよくかき混ぜる。
マッシャーで豆の形がなくなるまで、豆を潰す。時々かき混ぜて、硬さを調節しながら、豆の煮汁を足す。最後に塩とクミンで味を調節する。
器にもり、好みで、刻んだ香菜、細かくしたチーズ、くし型に切ったライムを添える。
☆☆ Salsa サルサ
準備時間 : 10分
冷却時間 :2-3時間
難易度★☆☆
【 材料 700 ml 】
トマト (中) ————————– 5 個
ニンニク —————————— 2 片
ライムの果汁 ———————— 大匙 2
玉ねぎ (小) ————————– ¼ 個
ハラペーノ (青唐辛子) ——– 1 本
香菜 ————————————– 3 枝
クミン (粉) ————————– 小匙 ½
—————————————- 適宜
カイエンヌペッパー ———— 適宜
【 作り方 】
トマトは蔕と種をとって、くし型に切る。玉ねぎもフードプロセッサーにかけやすいように、適当な大きさに切る。
ニンニクと玉ねぎは細かいみじん切りにする。青唐辛子は半分に切って、種をとっておく。
フードプロセッサーにトマトの半量を入れて、ピューレ状に粉砕する。
残りの材料をフードプロセッサーに入れて、微塵切りになるまで、粉砕する。
塩、ライムの果汁、カイエンヌペッパーで味を調える。冷蔵庫でよく冷やす。
☆☆☆ Pico de Gallo ピコデガロ
準備時間 : 10分
冷却時間 :2-3時間
難易度★☆☆
【 材料 500 ml 】
トマト (中) ————————– 4個
ニンニク —————————— 2 片
ライムの果汁 ———————— 大匙 2
赤玉ねぎ —————————— 1/4個
ハラペーノ (青唐辛子) ——– 1本
香菜 ————————————– 3 枝
クミン (粉) ————————– 小匙 1/2
オレガノ —————————— 小匙 1/2
—————————————- 適宜
【 作り方 】
トマトは蔕と種をとって、粗目の微塵切りにする。赤玉ねぎ、香菜、ニンニクも微塵切りにする。青唐辛子は種をとって微塵切りにする。
すべての材料をボールに入れて、かき混ぜる。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。