08 サラダと副菜,  40 アメリカ南部料理

Southern Potato Salad アメリカ南部風ポテトサラダ

ゆで卵とピクルスを入れて作る、アメリカ南部風のポテトサラダです。キャベツを使ったコールスローと同様に、じゃが芋をマヨネーズで和えたポテトサラダは、アメリカ南部の食卓には欠かせません。時間がたっても美味しさが変わらないので、ポットラックやバーベキューなど、人が集まる機会で、必ずといっていいほど、誰かがもってくるのが、ポテトサラダです。アメリカには様々なタイプのポテトサラダがありますが、伝統的に南部風と言われるポテトサラダにはゆで卵が入っています。その他、スウィートレリッシュというピクルスの微塵切り、玉ねぎ、セロリが入っているレシピが一般的です。マヨネーズが味の決め手になるので、瓶詰タイプのアメリカ風のマヨネーズか、自家製のものを使って作るのがお薦めです。

とてもシンプルな材料で作るポテトサラダですが、それぞれの家庭によって、独自のレシピをもっているのが普通なので、どのような作り方が正解というものではありません。例えば、ピクルスでも、スイートタイプのものを使うか、ディルピクルスを使うか、レモン汁を使うか、りんご酢を使うか、一般的なイエローマスタードを使うか、お酢の入ったディージョンマスタードを使うか、なので好みが変わってくると思います。私は、あまり濃厚なマヨネーズが苦手なので、いつもヨーグルトを混ぜて使うことが多く、このレシピも一般的なアメリカのレシピよりも、少しさっぱりとした仕上がりになっています。濃厚な味が好きな人は、マヨネーズだけで作ってみてください。

最初にじゃが芋と卵を茹でます。面倒くさいので、私は同じ鍋で茹でています。じゃが芋は皮をむいて、茹でやすい大きさに切ってから茹でます。

じゃが芋が軟らかくなったら、笊にあけて、水気をよく切ります。

その後、食べやすい大きさに切りそろえます。じゃが芋が温かいうちに、軽く塩をふっておきます。

ゆで卵は、冷水で冷やした後、皮をむきます。

少し粗目に角切りにします。

玉ねぎは微塵切りにして、冷水にさらしてから、水気を切ります。

その他、セロリ、イタリアンパセリ、青ネギを微塵切りにします。ハーブは、青ネギを使っているレシピが多いですが、イタリアンパセリやディル、チャイブなど、好みのものを使うといいと思います。ゆで卵とハーブの微塵切りは、飾り用に少量とっておきます。

ドレッシングの材料を別の容器に入れて、混ぜ合わせます。ヨーグルトが混ざりにくいので、塊がなくなるようにします。

ドレッシングを、じゃが芋を入れたボールに加えて、全体を混ぜます。このときに、じゃが芋やゆで卵が、完全に冷めてから、ドレッシングを加えるのがポイントです。とくに自家製のマヨネーズは、乳化剤が入っていないので、熱に弱いです。

混ぜ合わせたポテトサラダを器にもります。

残しておいた、ゆで卵とハーブをトッピングします。彩にパプリカを少量ふりかけるのが、南部風です。

Southern Potato Salad アメリカ南部風ポテトサラダ
準備時間 : 30分
難易度★★☆
【 材料 4-6 人前 】
じゃがいも (中) —————– 7 個
—————————————- 5 個
玉ねぎ (小) ————————– ⅓ 個
セロリ (中) ————————– 1 本
—————————————- 適宜
黒胡椒 ———————————- 適宜
スイートレリッシュ ———— 大匙 1
フレッシュハーブ、イタリアンパセリ、ディル、青ネギなど (微塵切り) 大匙 2

ドレッシング
マヨネーズ (ビン詰のもの又は自家製) 160 ml
プレーンヨーグルト ———— 60 ml
レモン汁 —————————— 大匙 1
マスタード ————————— 小匙 1 ½
【 作り方 】
じゃがいもは皮をむいて、適当な大きさにきって、やわらかくなるまでゆでる。卵も固ゆでにする。
茹で上がったじゃがいもをざるにあけて、粗熱をとってから、さらに食べやすい大きさに切り、軽く塩をふっておく。卵は皮をむいて、粗い微塵切りににする。
玉ねぎとセロリは細かいみじん切りにする。玉ねぎは水にさらしてから、水気をよくきっておく。
ドレッシングの材料を器に入れてから、よく混ぜ合わせる。
大きめのボールに全ての材料を入れて、ドレッシングを加えて、よく混ぜ合わせる。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。