11 パン,  55 地中海料理

Whole Wheat Pita Breads ホシノ天然酵母で作る全粒粉ピタパン

全粒粉を入れてやいたピタパンです。全粒粉ならでは、香ばしさが楽しめる、素朴なパンです。ピタパン (Pita) は中東地域や地中海域で一般的なフラットブレッドで、小麦粉と少量のオリーブオイルだけで作るとてもシンプルな生地で作ります。生地を焼いたときに、中の空気が膨らみ、内部が空洞になるのが特徴です。半分になった空洞部分に具材を詰めて、サンドイッチにすることが多いです。上手に膨らませるのには、少しこつがいりますが、膨らまくても、美味しさにはかわりはありません。作る過程も楽しみながら、家庭で焼きたいパンの一つです。

作り方は、基本的にはピザ生地と同じです。いつも通り、今回も、ホシノの天然酵母で焼いています。ホシノ天然酵母の生地起こしの方法は、こちらの投稿を参考にしてください。

天然酵母25グラムを生地起こしをし、摂氏35度から40度程度のぬるま湯を加えて、350 ml になるように調整します。さらに、蜂蜜を加えて、よく混ぜ合わせます。

ボールに、強力粉、全粒粉、塩を入れて、よく混ぜ合わせます。

天然酵母を加えて、全体を一つにまとめます。

全体がまとまったら、スタンドミキサーのセットして、5分程度捏ねます。

途中でオリーブオイルを加えて、さらに捏ねます。

生地の表面がなめらかな状態になればOKです。生地が軟らかすぎるようだったら、少量の小麦粉を加えて調整します。生地の表面を整えて、軽く霧吹きで水をかけて、乾燥を防ぎます。ラップをして、温かい室温において、発酵させます。全粒粉を加えた生地は、膨らみにくいので、生地が一回り大きくなればOKです。

生地の空気を抜いて、8等分にして、まるめます。乾燥しないように、濡れ布巾をかけて、30分程度ねかせます。生地の表面が乾燥してしまうと、水分量にむらがでて、均等に膨らまなくなってしまいます。

生地を7ミリ程度の薄さの円形にのばします。あまり薄くなりすぎたり、厚さに均等でないと、膨らまないので注意します。

温めたフライパンに薄くオリーブオイルをひいて、生地の両面に軽く焦げ目をつけます。

摂氏220度の高温に温めたオーブンにフライパンごと入れて、4分程度、生地がふっくらとするまで焼きます。

この作業を繰り返して、全てのピタパンを焼きます。

Whole Wheat Pita Breads ホシノ天然酵母で作る全粒粉ピタパン
準備時間 : 15分
調理時間 :摂氏 220度のオーブンで 45分
難易度★★★
【 材料 8 枚分 】
ホシノ天然酵母(生種起こしをしたもの) 25 g
—————————————- 235 ml
蜂蜜 ————————————– 小匙 1
強力粉 ———————————- 230 g
全粒粉 ———————————- 240 g
—————————————- 小匙 1
オリーブ オイル ——————- 大匙 2
【 作り方 】
生種起こしをしたホシノ天然酵母に、35度に温めた水を加えて、350 mlになるように調整する。さらに、蜂蜜を加えてよく混ぜ合わせる。
強力粉、全粒粉、塩をよく混ぜ合わせ、 の生種を少しずつ加えて、生地を一つにとめる。
生地がなめらかな状態になるまで、よくこねる。5分程度捏ねたら、オリーブオイルを加えて、さらに捏ねる。生地が軟らかすぎるようだったら、小麦粉を少量加えて調節する。
生地を丸く整えたら、軽く霧吹で水をかけて、ボールにラップをする。温かい室内において、生地の容量が焼く2倍になるまで、発酵させる。
発酵した生地をおしつぶして、空気を抜く。生地を8当分にして丸めて、30分ほどねかせる。
オーブンを摂氏220度に温める。
生地を7ミリ程度の厚さの円形にのばす。
の生地を、オリーブオイルを薄くひいたフライパンで、両面に軽く焦げ目をつける。その後、すぐ温めていたオーブンにフライパンごと入れて、4分程度焼く。この作業を繰り返す。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。