08 サラダと副菜,  30 アメリカ料理

Broccoli Slaw ブロッコリースロー

ブロッコリーを加えたコールスローです。コールスロー (coleslaw) は、キャベツをメインにしたサラダですが、単にスローと呼ばれることも多いです。シンプルに甘めのマヨネーズベースのとレッシングであえて、キャベツと人参で作るコールスローは、アメリカ南部では定番ですが、このように、他の食材を組み合わせることもよくあります。ブロッコリーは、キャベツと同じアブラナ科の野菜で、栄養価も高くて、キャベツとの相性もいいです。

ブロッコリーは、ブロッコリーサラダのように、火を通さないで、生のまま食べることができます。生で食べると、ブロッコリーがもっている、自然な苦みを味わうことができます。ブロッコリーの自然な味わいをより楽しみたい人は、ぜひ生でサラダに使ってみることをお勧めします。ただし、生で食べるのに、抵抗があるという人や、汚れが農薬が気になるというような場合は、ごく短時間の間だけ、ブロッコリーに熱湯につけるようにして、さっと表面だけ火を通すようにするといいと思います。ブロッコリーをこのように、短時間だけ火を通すと、より緑色が鮮やかになり、硬い芯の部分も食べやすくなります。

熱湯をわかして、茹でやすい大きさに切り分けたブロッコリーを入れます。

熱湯に30秒ほど浸したら、すぐに笊にあけて、水気を切ります。

他の野菜を用意します。キャベツは粗めの千切りに、玉ねぎも千切りにします。人参は、ボックス型のグレイターで摩り下ろすと楽です。ブロッコリーもさらに、他の野菜と大きさを出来るだけそろえるようにして、細かく切ります。

ドレッシングの材料を器に入れて、よく混ぜ合わせます。マヨネーズ、プレーンヨーグルト、ディジョンマスタード、蜂蜜、塩、黒胡椒、セロリーシードを使います。

ドレッシングを加えて、全体を混ぜ合わせます。

出来れば、作ってから1時間ぐらい冷蔵庫で冷やした方が、全体の味がなじんでおいしくなります。

Broccoli Slaw ブロッコリースロー
準備時間 : 20分
難易度★★☆
【 材料 4-6 人前 】
ブロッコリー ———————— 1株
キャベツ(中) ———————— ¼ 玉
人参 (中) ————————— ½ 本
玉ねぎ (中) ————————– ¼ 個
マヨネーズ (ビン詰のもの又は自家製) 60 ml
プレーンヨーグルト ———— 60 ml
蜂蜜 ————————————– 大匙 1
ディジョンマスタード ——– 小匙 1
りんご酢 —————————— 大匙 1
—————————————- 適宜
黒胡椒 ———————————- 適宜
セロリーシード ——————- 小匙 ¼
【 作り方 】
ブロッコリーは太い幹の部分をとりのぞいて、茹でやすい大きさに切る。熱湯を沸かして、30秒程度、さっと火を通してから、笊にあけて、粗熱をとる。
キャベツ、人参、玉ねぎは粗めの千切りにする。ブロッコリーも細かく切りそろえる。
マヨネーズ、ヨーグルト、砂糖、ディジョン マスタード、りんご酢、塩、黒胡椒、セロリーシードをよく混ぜ合わせる。
の野菜に のドレッシングを加えて混ぜ合わせる。
Homemade Mayonnaise 自家製マヨネーズ
準備時間 : 15分
難易度★★☆
【 材料 350 ml 】
植物油 ———————————- 180 ml
—————————————- 1 個
りんご酢 —————————— 大匙 1
ディジョンマスタード ——– 小匙 1
—————————————- 適宜
【 作り方 】
卵、マスタード、りんご酢をボールに入れて軽く混ぜる。
植物油を大匙2杯程度加えながら、泡立て器で攪拌する。焼くまぜったら、さらに植物油を大匙2杯程度いれて、しっかりとまぜる。この作業を繰り返しながら、卵を乳化させ、全体が白っぽくとろみがつくようにする。
最後に塩で味を軽く調える。
ブログランキングに参加しています。
沢山の応援ありがとうございます(^^)/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。